規制緩和とベンチャー企業の台頭のことについて

規制緩和やベンチャー・ビジネスなどについて勉強しました。1980年代後半から、従来の中小企業保護政策が消費者の利益に反するとして、自由化を求める声が高まってきました。こうした批判を受け、1999年に中小企業基本法が改正され、企業の自助努力を促し創業を支援する方針が打ち出されました。近年、中小企業の中には大企業をしのぐ技術力をもつものや大企業が手がけないニッチ(隙間)産業に進出し、新たな市場を開拓するベンチャー・ビジネスとよばれる企業があります。今では世界的な企業となっている会社も、もとをたどれば小さな町工場から出発した例も少なくありません。日本の未来は、独自のアイディアをもち起業に挑戦するこうした人々にかかっているといっても過言ではありません。このようなことを勉強しましたが、知っていることもありましたが知らないことも中にはありました。企業などいろんなことについて知れて良かったなと思いました。