野良猫の生き様は、思った以上に過酷なものでした

先日、動物番組で猫についての特集をやっていました。その番組では主に野良猫の生活の様子を取り上げていたのですが、そこで見た野良猫の生活が想像以上に過酷なもので驚いてしまいました。
まず驚かされたのが、野良猫の平均寿命が約5年しかないということです。室内で飼われている猫の平均寿命が約15年だそうなので、野良猫は室内で飼われている猫の3分の1くらいの時間しか生きられないという事になります。これは、野生では他の猫たちとの縄張り争いで常に神経をすり減らしたり、外の生活で病気や怪我になってしまうことが原因の様です。野良の世界では、トンビなどの天敵に襲われ子猫のうちに命を落としてしまう猫も少なくありません。また、雄猫が自分の子孫を残す目的で他の雄猫の子どもを殺してしまうこともあると聞きました。野良猫は、人間が思っている以上に過酷な世界で生きているのですね。
今まで散歩などで野良猫を見て癒されることが時々あったのですが、可愛らしい彼らがこんな大変な生活をしているとは知りませんでした。これからは野良猫たちを見る目が変わりそうです。http://www.goteborghorseshow.co/cashing-murisoku.html